【RYT500選択講座】2021/7/29(木)鈴木修一郎/肩関節周囲を最適化するヨーガ『アーサナで身体を最適化へ導くシリーズ⑤』

【RYT500選択講座】2021/7/29(木)鈴木修一郎/肩関節周囲を最適化するヨーガ『アーサナで身体を最適化へ導くシリーズ⑤』

通常価格
¥3,900
販売価格
¥3,900
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込

*修了証が発行されます。
*ヨガアライアンス500時間コース選択講座として2時間の単位を加算できます。


日時/Dates


2021/7/29(日)12:30-14:30


内容/Content

肩関節とは、一般的には肩甲上腕関節のことを指します。肩関節は肩甲骨、肋骨、鎖骨、上腕骨で構成されます。広義の肩関節は肩甲上腕関節、肩鎖関節、胸鎖関節、肩甲胸郭関節、第二肩関節の5つの関節からなり、肩関節複合体と呼ばれることもあります。

肩甲骨が肩関節のほとんどをなしているため、スムーズに動くことで、手を頭の後ろでくんだり、上の物を取ろうとしたりするような腕の動きが可能になります。
ヨガのアーサナでもこのような腕の動きは多いですね。

関節の動く自由度が大きいということは、同時に障害の好発部位でもあります。腕が上がらない、肩が痛い、というような参加者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そのような方々にヨガ講師として、どのようなアプローチが可能でしょうか。少なくとも肩関節周囲の構造の理解はヨガインストラクター、トレーナー、ダンスインストラクターなどの運動指導者として欠くことはできません。肩甲骨と胸椎は連動していますので、肩を学ぶことはそのまま胸部を学ぶことにもつながります。

このワークショップでは、肩関節複合体に関わる動きのメカニズムの理解と、肩関節周囲の障害の防止のための知識を学びます。また実技として、アームバランスなど、肩甲骨が土台となるアーサナの完成に向けてのさまざまな方法を学びます。

・肩周辺の正常な動きのメカニズムの理解と、現実の運動の感覚との誤差を感じてみる
・肩周辺にまつわる機能解剖学の基本
・肩甲骨と上腕骨と胸部の動きのコンビーネーションの理解とアーサナへの応用
・姿勢と肩甲帯の関係(特にシニア層における、頭部、頸部の位置と肩甲骨の位置に関しての誤認識)
・間違った動作パターンからくる痛みの防止と、その修正の仕方


持ち物


・ヨガウェア、または動きやすい服装
・筆記用具


参加対象


・身体の理解を深めたい
・力みのない、アーサナを目指したい
・ヨガの練習や指導に役立てたい


場所


アンダーザライト ヨガスクール


料金/Fee


3,900円(税込)
受講料はオンラインでのクレジット決済のみとなります。
*クレジット決済以外をご希望の場合には、デビッドカード、PayPalをご利用いただけます。
UTLコミュニティメンバーにご登録でない場合は、別途登録料1,000円が必要になります。
*メンバー登録費は当日受付にてお支払いください。



講師プロフィール/Bio.


鈴木修一郎