【RYT500対象講座】[スタジオ受講] 2021/11/7(日)鈴木修一郎/膝痛改善の為のヨーガ~アーサナで身体を最適化へ導くシリーズ③

【RYT500対象講座】[スタジオ受講] 2021/11/7(日)鈴木修一郎/膝痛改善の為のヨーガ~アーサナで身体を最適化へ導くシリーズ③

通常価格
¥3,900
販売価格
¥3,900
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込

*修了証が発行されます。
*ヨガアライアンス500時間コース選択講座として2時間の単位を加算できます。


日時/Dates


2021/11/7(日)10:00-12:00


内容/Content

再リクエスト開催決定。
こちらの講座は完売が続き、リクエスト多数の講座です。
AKICのフォローアップとしてもおすすめ。



コロナ禍での外出制限により、日々の運動不足から健康への関心が増加する中、膝関節周囲の痛みは、ヨーガクラスの現場から日常生活のいたる所で悩んでいる方が見受けられます。私たちは膝関節周囲の痛みに対し、どのようなことに気をつけるべきでしょうか。

膝関節は、無意識に無理なアーサナをしてしまう時だけでなく、スポーツ障害やサルコペニア(筋肉量が減って筋力低下や身体機能低下をきたした状態のこと)など、多くのシーンで問題になる重要な関節のため、ヨーガ実践者、ヨーガ指導者共に理解しておくべき主要関節です。

それは、大腿骨と脛骨(大腿脛骨関節)、膝蓋骨(膝蓋大腿関節)との間の蝶番関節で、人体で最大の関節です。

脛骨の関節部分はほぼ平らな形をしていて、その上を大腿骨の丸い先端が転がるようにして動くわけですから、とても不安定であることが想像できます。そのため、大腿骨と脛骨をつなぐ4靭帯と2つの半月板が、膝関節を安定させるために重要な役割を果たしています。また、膝関節周囲の筋肉は、大腿四頭筋、ハムストリングス、腓腹筋、前脛骨筋、縫工筋、薄筋、膝窩筋、足底筋、大腿筋膜張筋、腸脛靭帯などがあり、これらの付着部の理解も必要です。

このワークショップでは、膝関節周囲の解剖学をベースに、膝痛改善のための安全な対処法を学んでいきます。

アーサナの中には膝関節周囲に強いストレスを与えるものもあるので、痛みが出る前に少しでも早いタイミングで膝について学ぶことができれば、膝の障害は防ぐことができます。膝関節周囲の理解は安定して快適なアーサナの実践のためにかかせないものとなるでしょう。


『膝痛改善の為のヨーガ』

・膝関節の解剖学
・膝関節の障害とその予防・対処法
・膝は曲がる?それとも捻れる?
・O脚、X脚のメカニズムとアーサナの関係性
・快適なヴァジュラーサナの為にできる準備とは
・さまざまな立位、座位で膝関節を安定させる方法


〜『アーサナで身体を最適化へ導くシリーズ』再販予定〜
股関節 9/12(日)10:00-12:00
足部  10/14(木)12:30-14:30 
膝関節 11/7(日)10:00-12:00
腰部  12/18(土)10:00-12:00
肩関節 2022年1月予定


持ち物


・ヨガウェア、または動きやすい服装
・筆記用具


参加対象


・身体の理解を深めたい
・力みのない、アーサナを目指したい
・ヨガの練習や指導に役立てたい


場所


アンダーザライト ヨガスクール


料金/Fee


3,900円(税込)
受講料はオンラインでのクレジット決済のみとなります。
*クレジット決済以外をご希望の場合には、デビッドカード、PayPalをご利用いただけます。
UTLコミュニティメンバーにご登録でない場合は、別途登録料1,000円が必要になります。
*メンバー登録費は当日受付にてお支払いください。



講師プロフィール/Bio.


鈴木修一郎