RYT200コース|ヨガアライアンス認定

UTLのレッスンは
資格を取ることだけが目的ではありません。

感じる。学ぶ。考える。
ヨガを知り、自分と向き合うことで、
毎日何かが変化していく。そんな6ヶ月。

UTLは、本気でヨガを学びたい人を
全力でサポートします。

 

RYT200とは

RYT200とは、ヨガインストラクターの国際資格であり、ヨガアライアンスによって設定された資格です。200時間の認定トレーニングを修了すると、ヨガアライアンスにRYT200の申請ができ、その後RYT200に認定されます。
RYT200は、ヨガインストラクターのレベルを一定以上に保持するために設定された資格であり、プラクティス、ティーチング、哲学、解剖学等に別れた各分野の内容及び最低時間数を定めてあります。
RYT200の申請方法についてはこちら

 

UTLのRYT200について

UTLのRYT200は、幅広い練習方法と経典を学び、プロとしてのヨガ講師を目指すコースです。講師は、E-RYT500資格を持つヨガ講師や各分野のプロフェッショナルが担当し、卒業生は自分自身でクラスを開催できるようになります。一括受講プランの場合、6か月で学ぶことができ、卒業後にはインストラクターとして活動する方法も学べます。


RYT200は2プラン(一括受講分割受講)から選択できます。

 

RYT200一括受講

米国ヨガアライアンス認定 RYT200一括受講とは、短期間でヨガアライアンスのRYT200取得を目指すプランです。
RYT200の取得に必要な6つの講座(TT1、TT2、TT3、AKIC、AMIC、ATIC)に一括でお申し込みいただけます。


【お申し込み受付中】
[米国ヨガアライアンス認定] RYT200一括申込 週末受講プラン 2024/1/21スタート
[米国ヨガアライアンス認定] RYT200一括申込 週末受講プラン 2024/2/3スタート
[米国ヨガアライアンス認定] RYT200一括申込 平日受講プラン 2024/2/15スタート
[米国ヨガアライアンス認定] RYT200一括申込 週末受講プラン 2024/3/3スタート

TT1

 

RYT200分割受講

ヨガアライアンス認定 ティーチャートレーニング レベル1 (TT1)

TT1

ヨガ指導のために最低限必要な知識が身につき、身近な人に不自由なくヨガを教えることができるようになります。
基本コースなので、ゼロからヨガ資格取得を目指せます。

» ヨガアライアンス資格認定 TT1の詳細はこちら

【お申し込み受付中】
TTレベル1 第228期 日曜日コース/2024/1/21(日)スタート 全5日間
TTレベル1 第229期 集中コース/2024/2/3(土)スタート 全5日間
TTレベル1 第230期 木曜日コース/2024/2/15(木)スタート 全5日間
TTレベル1 第231期 日曜日コース/2024/3/3(日)スタート 全5日間

 

ヨガアライアンス認定 ティーチャートレーニング レベル2 (TT2)

TT2

この中級コースではTT1から一歩踏み込んだヨガの智恵を学びます。
充分なヨガの知識や解剖学やアーユルヴェーダの知識を得て、ライフスタイルにヨガが自然に溶け込むようになります。

» ヨガアライアンス資格認定 TT2の詳細はこちら

【お申し込み受付中】
TTレベル2 第149期 日曜日コース/2024/3/3(日)スタート 全5日間
TTレベル2 第150期 集中コース/2024/4/6(土)スタート 全5日間

 

ヨガアライアンス認定 ティーチャートレーニング レベル3 (TT3)

TT3

この上級コースではヨガ指導が自在になります。
ヨガスタジオ等での一般クラスを担当する実力がつきます。

» ヨガアライアンス資格認定 TT3の詳細はこちら

【お申し込み受付中】
TTレベル3 第70期 土曜日コース/2024/1/13(土)スタート 全12日間

 

ヨガアライアンス認定 アナトミー&キネシオロジー・インテンシヴコース (AKIC,エイキック)

AKIC

AKICは1,000人以上が受講したヨガ解剖学・運動学コースです。
ヨガインストラクター養成コースの修了に関わらず、どなたでも受講が可能です。

» ヨガアライアンス資格認定 AKIC、エイキックの詳細はこちら

【お申し込み受付中】
[米国ヨガアライアンス認定]2023/12/23(土),24(日)第86期AKIC/指導者として知っておきたい解剖学

 

ヨガアライアンス認定 アーサナ・マスター・インテンシヴコース (AMIC,エイミック)

AMIC

AMICは日本有数のアーサナマスター、クランティが指導するアーサナ集中コースです。

ヨガインストラクター養成コースの修了に関わらず、受講が可能です。ただし、原則としてヨガの練習を継続して1年以上行っている方が対象です。

» ヨガアライアンス資格認定 AMIC、エイミックの詳細はこちら

【お申し込み受付中】
[米国ヨガアライアンス認定]2024/1/21,28(日)/第64期 アーサナマスターコース(AMIC)

 

ヨガアライアンス認定 アジャストメントテクニック・インテンシヴコース (ATIC,エイティック)

ATIC

ATICはヨガインストラクターが指導現場ですぐに使えるテクニックを学ぶ アジャストメント集中コースです。

ただし、原則としてヨガの練習を継続して1年以上行っている方、
自身で基本のアーサナを正確なアライメントで取れる方が対象です。

» ヨガアライアンス資格認定 ATIC、エイティックの詳細はこちら

【お申し込み受付中】
[米国ヨガアライアンス認定] 2024/2/25(日)/第59期ATIC/ヨガアジャストメント講座アーサナ理解を深める指導法

 

年間スケジュール

*平日のみでTT1・2(ヨガ基礎コース)が完結できるようになりました。TT2 木曜日コース誕生。

  期間 講座名 曜日/時間 授業回数 価格
2023年
12月 12/2,9 AKIC 第86期 土曜日 全2回 50,000
2024年
1月 1/13-3/30 TT3 第70期 土曜日 全12回 190,500
1/21-2/25 TT1 第228期集中 日曜日 全5回 129,000
1/21,28 AMIC 第64期 日曜日 全2回 31,000
2月 2/3-3/2 TT1 第229期集中 土・日曜日 全5回 129,000
2/15-3/14 TT1 第230期 木曜日 全5回 129,000
2/25 ATIC 第59期 日曜日 全1回 23,000
3月 3/3-3/31 TT1 第231期 日曜日 全5回 129,000
3/3-3/31 TT2 第149期 日曜日 全4回 149,000
4月 4/4-4/21 TT2 第150期集中 土・日曜日 全5回 149,000
4/27,28 AKIC 第87期 土・日曜日 全2回 50,000
5月 5/9-6/6 TT1 第232期 木曜日 全5回 129,000
5/12-6/9 TT1 第233期 日曜日 全5回 129,000
5/11-7/13 TT3 第71期集中 土・日曜日 全12回 190,500
5/19,26 AMIC 第65期 日曜日 全2回 31,000
6月 6/1-6/29 TT1 第234期 土曜日 全5回 129,000
6/9 ATIC 第60期 日曜日 全1回 23,000
6/13-7/11 TT2 第151期 木曜日 全5回 149,000
6/16-7/14 TT2 第152期 日曜日 全5回 149,000

 2023年ティーチャートレーニングスケジュール PDF版ダウンロード

2024年ティーチャートレーニングスケジュールPDF版ダウンロード
*日時、価格は変更になることがございます。必ず最新の情報をご確認ください。

 

5つの特徴

(1)ヨガアライアンス(国際的なヨガ資格発行団体)認定者の3人に1人がアンダーザライトで資格を取得

・年間1,200名が学ぶ「ヨガアライアンス」実績No.1の正式認定校
・HIKARU、クランティ、中村尚人など日本最高峰の講師陣
・「日本初」単位制コースを開始したヨガスクールのパイオニア
・受講期限が無いので、自分のペースで資格取得可
・古典をおさえ、現代の様々なヨガシーンで活躍できる、ヨガインストラクター養成スクール
・アジア地域で受講者数が最大規模のプログラムを持ち、ヨガアライアンスの上級資格コース、RYT500の受講者日本一

アンダーザライトは日本で初めて、単位制・週末開催のヨガインストラクター養成コースをスタートしました。

初心者から学べるプログラムで、土日や夜間を利用して数か月かけて受講できるようにしていますので、仕事を休まずにヨガアライアンスの資格が取得可能です。留学の必要がなく、様々なヨガのスタイルにふれることができます。

実績No.1の正式認定校


(2)取得可能な3つの資格


・アンダーザライト ヨガスクール認定ヨガインストラクター
・米国ヨガアライアンスRYT200(Registered Yoga Teacher 200)*要申請
・ヨガ安全指導員


(3)日本最高峰の講師陣

解剖学・運動学に基づくアーサナ、ヨガ的な食生活、呼吸法、ヨガ哲学など幅広いカリキュラムをキャリアの長い講師が担当するので、初心者の方でも安心して学べます。

HIKARU:Amazonヨガ・ピラティス、ロングセラー著者
クランティ:世界的にも希少な、日本唯一のアシュタンガヨガ上級指導者
中村尚人:YOGA解剖学の日本の第一人者
ムニンドラ・K・パンダ:サンスクリット解説のパイオニア
鈴木まゆみ:アジア有数のOM YOGA伝道者
向井田みお:YOGA哲学書で異例の3万部突破
楠原宏子:国内有数のアーサナマスター

など20名以上の専門講師が講義を担当します。

ヨガスクール講師


(4)合計6講座、各人のペースで深くヨガを学びます。

6つの講座を段階的に進めることで、各受講者が自分のペースでヨガを深く理解し、体験することができます。TT1(初級コース)TT2(中級コース)TT3(上級コース)を受講すると『アンダーザライト公認ヨガインストラクター』資格が取得できます。終了時には、自分でプログラムしたヨガクラスの開催ができるようになります。
TT1、TT2、TT3に加え、AKIC(解剖学・運動学コース)AMIC(アーサナ集中コース)ATIC(アジャストメントテクニック集中コース)の計6コース(合計約200時間)を受講することで、RYT200の『米国ヨガアライアンス』の資格が取得可能です。

ヨガインストラクター養成


(5)海外のヨガ指導者養成機関とも連携

サラ・パワーズ、リチャード・フリーマン、ティム・ミラー、キノ・マクレガー等、世界的なヨガ指導者を招き、ワールドクラスの指導が定期的に受けられる機会を提供しています。世界的にも評価の高いヨガ指導者養成機関「ヨガアーツ」とも提携しています。

海外のヨガ講師

 

RYT200に関するよくある質問(FAQ)

RYT200に関するよくある質問とその答えをまとめました。

Q. RYT200とは何ですか?

RYT200(資格)は、ヨガアライアンスによって認定された200時間のヨガインストラクター養成プログラムを修了したことを示す資格です。

Q. RYT200資格を取得するために必要なトレーニングプログラムの期間はどのくらいですか?

RYT200資格取得のためのトレーニングプログラムは最低200時間必要であり、一括受講プランの場合、6か月で修了することができます。

Q. RYT200資格は初心者に適していますか?

はい、RYT200資格はヨガの基本的な知識と技術を学ぶためのプログラムであり、初心者から経験者まで幅広く受け入れています。

Q. RYT200資格プログラムに申し込むための要件はありますか?

特定のヨガ経験は必ずしも必要ではありませんが、一般的には少なくとも数ヶ月から1年以上のレギュラーなヨガの練習経験が推奨されています。

Q. RYT200資格のための事前条件はありますか?

特定の事前条件はありませんが、ヨガの基本的な理解と一定の練習経験があることが望ましいです。

Q. RYT200資格を取得するとヨガインストラクターになれますか?

はい、RYT200資格を取得すると、ヨガインストラクターとしての基本的な知識と技術を身につけ、教える資格を得ることができます。

Q. RYT200コースのカリキュラムにはどのような内容が含まれていますか?

RYT200コースのカリキュラムは、アナトミー(解剖学)、アサナ(ポーズ)、プラナヤマ(呼吸法)、瞑想、ヨガ哲学、指導技術など、ヨガを教えるための基本的な知識と技術をカバーしています。

Q. RYT200資格を取得するためには、どのような試験が必要ですか?

RYT200の資格を取得するためには、試験は必須ではありませんが、スクール毎に独自の卒業試験を設けているところがあります。

Q. RYT200資格を取得するためには、どのような手続きが必要ですか?

RYT200資格を取得するには、200時間のトレーニングプログラムを修了し、Yoga Allianceを通じて認定を申請する必要があります。

Q. RYT200資格のメリットは何ですか?

RYT200資格を取得すると、ヨガの専門的な知識とスキルを持っていることが国際的に認知されます。また、ヨガインストラクターとしての信頼性と資格を高め、より多くの雇用機会を得ることができます。

Q. RYT200資格を取得した後、どのようなキャリアパスがありますか?

RYT200の認定を取得した後、ヨガインストラクターとしてのキャリアを選ぶことができ、また、マタニティヨガやキッズヨガなど、特定の分野に特化した認定を取得することもできます。

Q. RYT200資格を取得して国際的にヨガを教えることはできますか?

はい、RYT200資格はヨガアライアンスによって国際的に認知されているため、認定を取得すれば世界中どこでもヨガを教えることが可能です。

 

ヨガ資格のすべてがわかる無料セミナー

週末と平日夜に「ヨガ資格のすべてがわかる無料セミナー」を定期開催しております。経験者はもちろん、初心者の方もぜひご参加ください。